過酷?楽しい?ゲーム業界へ転職したい人に転職のコツを紹介します

Javaプログラマ向け!ゲーム業界転職情報!

ゲーム業界に転職したいJavaプログラマへ!

ゲーム業界へ転職しよう!

ゲームさえしていればいい、いや、むしろゲーム以外のことはしたくない。という、ゲーム大好き人間にとって、ゲーム業界に就職してゲームをつくることが仕事になるなんて最高の生活に思えるかもしれません。でも、実際はそう甘くはありません。「ゲームってこんなに大変な感じでつくってたんだ・・・(泣)」と、骨身にしみて、ますますゲームの魅力にとりつかれてしまうぐらい、ドMなゲーム好きの集まりを想像してみてください。あえてその集団の仲間入りしたいという勇者なら、ゲーム業界への転職はきっと成功するでしょう!

転職する前にゲーム業界の実態を知ろう

ゲーム業界のクリエイターになることは、ゲーム中毒患者にとって夢の職業と言えるでしょう。元々明けても暮れてもゲームにのめり込んできた人が、サービス残業は当たり前、休日返上で徹夜の連続という過酷な労働環境に耐えて、尚且つ遣り甲斐を感じているようです。収入面でもトップクリエイターはいざ知らず、平均的には他の業種のプログラマに比べれば低めです。それでも離職は人間関係を理由とするものが一番多く、業界の年齢層は若めです。これは若い方が新しい技術を柔軟かつ貪欲に吸収する故でしょうが、年齢が上がると共にマネジメントへシフトする人もいるのであり、30歳や35歳での定年説は当てはまりません。 転職する前にゲーム業界の実態を知ろうの詳細を見る

転職する前に確認するゲームプログラマのJavaの常識

ゲーム開発の業界を目指している方は、プログラミング言語の仕様だけでなく、プログラマに求められる一般常識についても理解を深めておく必要があります。通常、プログラミングとはコンピュータに行わせたい動作を記述していく作業ですが、実際の開発現場ではその反対の例外処理に関するコード入力が大半を占めることになります。また、一人で作業しているわけではないので、他の人がチェックした時にわかりやすいようにコメントを残していくことも大切です。継続的に学習を続けることも重要ですが、間違った事を覚えないように情報ソースの信頼性にも十分に注意を払うべきです。 転職する前に確認するゲームプログラマのJavaの常識の詳細を見る

ゲーム業界への転職で挫折が多い理由

ゲーム制作はとても楽しそうな仕事に思えますが、実際にはとても過酷な業界です。想像を絶するほどの作業量が待ち受けているため、理想と現実の不一致に挫折し、退職を余儀なくされてしまう方が少なくありません。ゲームの制作・開発分野で成功を収めるためには、必要以上に目標を高く掲げないで、自分の身の丈にあったゲームの開発に邁進することが大切です。最新の3DCGを用いた大作ゲームが必ずしもヒットするとは限りません。むしろ、思わず笑ってしまうようなシンプルなゲームの方が喜ばれる傾向にあります。工夫しながらたくさんのゲームを制作していくうち、スキルアップ分の喜びを実感できることでしょう。 ゲーム業界への転職で挫折が多い理由の詳細を見る

ゲーム業界への転職のコツ

ゲーム業界へ転職するには、まずゲームに対する熱意が必要となります。実際に、ゲーム界への転職を希望する人たちは、ゲームへの熱意をうまく伝えきれていないのが現状です。ゲームへの熱意を伝えるには、企業のゲームをただひたすら褒めるということではなく、ユーザーの視点から改善点を述べたりライバル企業について言及できたりすることが有力な自己アピールになります。そして、ゲーム業界に入るには、経験やスキルも必要になってきます。具体的にはjavaや3Dのゲーム開発、また、PS3かXBOX360などの現行機種による経験も望まれています。しかし、求めてられている経験とはあくまでも広範囲での経験です。 ゲーム業界への転職のコツの詳細を見る

ゲーム好きにおすすめの記事一覧

Androidアプリも作成してみよう!

Androidアプリも作成してみよう! ゲーム好きにとってスマホは電話じゃありません。スマホは電話もかけられるゲーム端末です。Javaのゲームプログラミングを学ぶなら、Androidアプリ開発にも興味を持ってしかるべきです。遊び半分、勉強半分ぐらいの気持ちで、Androidのゲームアプリ制作にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。iOSのAppstoreと違って、GooglePlayは個人のアプリ公開のハードルも低いので、自分でつくったアプリを世に出すことも夢ではありません。

転職する前にゲーム業界の実態を知ろう

転職する前にゲーム業界の実態を知ろう ゲーム業界で働いていると、純粋無垢なゲーマーさんから、キラキラと目を輝かせながら「ゲーム業界に入りたいんです!」という相談を受けることがあります。そんな相談を受けたゲーム業界人の目には、ほぼ例外なく、愛しさと懐かしさと少しの残虐性を交えた色が浮かぶはずです。ゲーム業界の実態は、過酷です。ゲーム業界はゲーム好きが多いといいますが、それは裏を返せば、ゲームが好きでもなければつらすぎる業界だと言い換えることもできるのです。

ゲーム業界への転職のコツ

ゲーム業界への転職のコツ ゲームが大好きで熱意もあって、スキル的にも問題ないのに、ゲーム業界への転職がなかなかうまくいかず、不採用が続いているという人がたまにいます。このパターンによくあるのは、ゲームに対する熱い思いを伝えきれていないという失敗です。ゲーム業界の求人募集の応募条件にはほぼ必ず「ゲームが好きな人」という項目があります。つまり、ライバルも採用担当者も、ほぼ例外なくゲームが好きな人しかいない中で、自分のゲームへの熱意をアピールしなければならないのです。

PAGE TOP